« 2007年6月 | トップページ

2010年3月

2度泣いた

昨日泣いたのと、寝不足で今朝は、明らかにテンションdown



昨日は、職場から着信。
気がついて折り返したら、オープン前にお世話になった業者さんが来ていて@さるの話をしたらお見舞いに行くっていうから・・・という内容。


いつもの営業さんと、もう一方、この方「先生」と呼ばれる、ちょっとした方。

オープン前にいつもの営業さんが、うちを立ち上げるときからお世話になっている○○先生ですと連れてきた。
忙しすぎる時だったし、店舗はもうどうしようもないところまで進んでいるし、実際思うようにならない展開を「先生」に見られるのは、正直負担でさえあったけれど・・・

とりあえず、着いたその日の夕食というか、呑み屋。
上司と当時毎晩残業をしていた@さるがおつきあい。


なぜか、呑む前から、上司と@さるをいたく気にいっていただき、上機嫌でお話をして下さった。
激務で弱っていた上司も、今日は本当にお前を連れてきて良かった、と初めて誉めて下さった。

そのクダンの「先生」だ。
お見舞いは、距離があるのと、一応@さるも女性ですから・・・と上司がなんとかお断りをしてくれたけれど、電話口にも出てくださった。

オープンにあたって、かなりきつい思いもしたし、今回の劇的悪化のきっかけには違いないけれど、あまりにも嬉しい出逢いになった。


ありがたすぎるお話だ。


@さる・・・crying 涙




そして、夜、上司から・・・

オープンにあたってのパートさんの増員。
面接をした方々に、明日お返事をするにあたって、わざわざ「今こんな状況・・・」と電話をくださった。

本来なら、「帰る場所がない」「帰ったら浦島太郎」、しかもこの激動の時に・・・

不安はなくないけれど、これだけ落ち着いて入院していられるのも、この細かいフォローのおかげ。

それなのに・・・息巻いてしまった。


「おまかせします」
それだけ、言うつもりだったのに・・・




正直、戻ってからの働き方で、体力的なこと、ストレス、生活とのかねあい。
倒れる前も、「病気でさえなかったら、もっとバリバリやれるのに・・・」と思っていたくらいだから、どこをどこまで注意すればいいのか?何がストレスなのか?自信がない。

ただ、入退院を繰り返す人もいるこの病気。
@さるは「重症」から「劇症」に足をつっこむ状態で入院した。
できれば、入院はもうしたくないbearing

上司も、その点も考えなければ・・・と採用にあたって、いろいろ考えてくれている。

前のお前の70パーセント働いてくれれば
(@さるは120パーセントはこれからは無理かなって思っていたのに)
いや、今の仕事が全くできなくても、
(今回のオープンにあたって@さるは2足のわらじを履かせてもらえる予定でした)
○○だけ(新しい方の仕事)でやってもらってもいいと思っている。
とまで、言ってくださった。

今日の、○○先生も本気でお見舞いに行くって言っていたぞ。
それだけのインパクトを一度会っただけで、与えられたってことは凄いことだし、今までの仕事ができなくても、充分やっていけいる。
(今までの仕事はイヤでイヤで、@さるにできるかも・・・と新しい仕事をさせてもらえる事になって、それでも前の仕事は@さるがやらなきゃっていう状態でした)

だから、変に先回りして余計な事を考えるなと。


何度も、繰り返されてきた上司からの説教。
はっきり言ってケンカレベル。
それでも、見放さずここまで守ってくれてきた上司。
私は、恵まれている。

「おまかせします」

コレ忘れないでいよう。
おまかせして、信じて、その中で、出来ることを、精一杯頑張っていこう。


この入院はやっぱり、私のこれからの人生の、大きなポイントだ。



| | コメント (0)

おやつ・花(マイナーチェンジ)・夜

おやつ・花(マイナーチェンジ)・夜
おやつ・花(マイナーチェンジ)・夜
おやつ・花(マイナーチェンジ)・夜
おやつ:甘い甘いレモンジュース(?)
夜:重湯・葛湯(みかん?)・スープ

夕ご飯!
スープにカスのような具(?)らしきものが浮遊していました。

たったそれだけの『ブッタイ』がちょっと怖い(*_*)
びびる・・・

頼むよ、お腹さんm(u_u)m

重湯が始まって3日が過ぎて、
お腹が確かに空くようになりました。

1週前には、フルカリックも2号、その前には1号だけでも、「お腹がすく」なんて全くなかったのに・・・

そして、本日、フルカリック3号・1日2320キロカロリーを経ての、今日の体重測定。0.2キロ減。

体に炎症がある時はその修復のためにも、多すぎるくらいのエネルギーか必要だったのか?
それとも密かに蓄えらるているのか?

どちらにしろ、ペッタンコだったお腹は、今、『ぽにょ』って感じ(-.-;)

| | コメント (0)

朝・おやつ

朝・おやつ
朝・おやつ
分かりましたよ、もぉヾ( ´ー`)

このパターン。

朝:重湯・味噌汁
おやつ:キャロットジュース

薬剤師さんが同室(@さるは2人部屋)の隣のおばあちゃんのところに来たついでに声を掛けてきた。

来週(@さるは水曜始まり)、新しいお薬になりますよ。
プレドニンが内服になるみたいな事がカルテに書いてありましたって。

来週30ミリになって、次の週20ミリになる時に内服になるのかと思ってた。

看護士さんや薬剤師さんがそれぞれ、そう言ってたから・・

20ミリ内服にして様子見てから退院より、30ミリから内服、様子見して20ミリに減らして退院の方が早いんじゃ??

いけるかな?

このまま順調に・・

最後に薬剤師さん、
「ぬか喜びさせちゃいけないもんで、アレだけど・・」
と言葉を残していきましたが(><;)

| | コメント (0)

おやつ・夕食

おやつ・夕食
おやつ・夕食
不思議です。

今まで空かなかったお腹が、
何となく空くような感覚が・・・

主に胃が欲しがっている、気がする・・

でも、重湯でさえ、食べた後は、胃から腸、お腹全体が張っちゃう感じがする(-.-;)

良くはないよなぁ・・・


おやつ:りんごジュース
夕食:葛湯・スープ

| | コメント (0)

朝・おやつ・昼

朝・おやつ・昼
朝・おやつ・昼
朝・おやつ・昼上から、朝食、おやつ、中食です。
2日めにして、おなじものしか出てこない事がわかりました。
朝は、重湯と味噌汁。
お昼は重湯とコンソメスープ。
そして、おやつにジュース。


お腹もすかないし、十分。
この匂いは私のモノっていう喜びかな・・・catface


食べた後、ちょっとお腹が張る気がするものの、
お昼間近の回診では、お腹も(触って)やわらかいし、順調。
どうしてもステロイドは、1週間ごとしか減らせないから・・・
なんて、話が出るって、凄い順調ってこと???


午後に、トイレが近いのは、午前中にたくさんの点滴を入れているからとのこと。

| | コメント (0)

晩ご飯

晩ご飯
「重湯」
「コンソメスープ」
「野菜ジュース(マスカットキャベツ」

蓋をとってすぐ分かりました。
コンソメ。

くすぐられるのは、味より匂い。

| | コメント (0)

おやつ

おやつ
『3時のおやつ』

冷たすぎる・・

他の患者さん行きのサンドイッチに目が行っちゃった。

ちょっと、温かくして、少し飲もう。

2時半頃、久々の便。
お水と小さな柔らかい固まりが4〜5個。
もよおす前にちょっと痛むかな〜?くらいの違和感。

3時すぎにあらわれた看護士さんが言うには、順調なんだそう。

前のような「痛み」とは程遠いし、下血がなきゃOKです!って。

薬剤師さんも、今日からガスター、大丈夫(わすれていませんか)ですか?と覗くし、

お掃除のおばさん、拭き掃除のおばさん、私がうろうろしていた間に、結構人が出入りしていたんだなぁ。
「いつもキレイにしていますね」って言われて、イイ気になってマス。

「ちょっと浮腫んできましたね」
担当の看護士さんに言われました。

とうとう来た。
ステロイドの副作用。

「気持ち丸くなったような・・」
「大丈夫、薬やめれば治りますから」って。

いいです。(イヤだけど)
元々、まん丸な顔だったんだから。
食べれなくなる前は、忙しいすぎて太ってパンパンだったんだから・・・(T_T)

| | コメント (0)

お昼ご飯

お昼ご飯
もう昼食(*_*)

忙しいbearing

さっき、朝食を食べて、おやつのホットドリンク(激甘)がきて、
点滴や髪を洗って一息ついたら、もうお昼。


「重湯」「スープ(汁のみ)」「葛湯(?)」

どれも、味が濃いcoldsweats02



2口ずつくらいで十分。


お腹が空いているわけでもないし・・・
看護士さんが「全部食べなくてもいいよ」と言っていたので、
今日のところは、半分ずつ。
様子見、様子見wink

| | コメント (0)

本日から

本日から
本日から
本日から
本日から
重湯始まりました〜

「重湯」に「味噌汁(汁だけ)それに「ジュース」

ちょうど、茶碗蒸しの器くらいの入れ物です。


「味噌汁」の味の濃いこと・・・
めんつゆを飲んでいるのかと思っちゃいますよcoldsweats01



今日から、
プレドニンが40ミリに減量
午前と午後の抗生剤(x2)が無くなり
口からものを食べるようになった分(?)
お薬(ガスター)が増えました。
決剤はまだ継続のようです。
そうそう、フルカリックも2号に。

緊張するな~bearing
何事もなく、過ぎていくといいな~




今日の回診は11時頃。
え?こんな時間に?とうろたえて、シャワーのことを聞きそびれちゃった。
ま、いっか。
こんな経験もそう無いし・・・
今日は、髪も洗ったし・・・(やっぱり点滴の数が減ると時間的にも楽ちん)

「お腹がぐるぐるいって、痛いような、痛くないような・・・」と話したら
炎症をおこしているときは、痛みに敏感になりますが気にしないようにしてくださいって。
普段なら痛いと思わない痛みも脳が痛いと反応してしまいますから・・・って。

そっか、11時の回診はもしかして食事の後、数時間おいて様子を見にきたって事??
今の所、変わりないし、順調です!と笑って、いつものあっという間の回診でした。


| | コメント (0)

お薬

お薬、が明日から、この3種類になります。
看護士さんと、さっき話したら、明日からプレドニンの減量(50ミリ→40ミリ)。
重湯の開始。
抗生剤の点滴も、血剤の点滴もなくなるような・・・
ただ、今朝の血液検査で、まだ炎症反応があったから・・・
って。


明日から3週目。
ここが、勝負punch




どうか、さらっと何事もな通過できますように・・・shine

| | コメント (0)

お見舞い

同僚が、またお見舞いに来てくれました。
内宮のお守りと、「昭和のげーむ」 ルービックキューブ。
できないって・・・wobbly


解説書みればできますって。
解説書が読めない@さるは、できせんってbearing

| | コメント (0)

春ですね。
@さるは、2週間外にでていませんが・・・


@さるの住む町は、桜が見事です。
毎年、桜のトンネルをくぐって移動をしていました。

蕾がふくらんでくるころなんて、なんだか不気味annoy


蕾がどんどんパワーを溜めて溜めて溜めて溜めて、
その蕾が数千?数万?
溜めきれなくなって、ふわぁっと開く・・・

そのパワーの下をくぐらなくして、
@さる、今年1年、暮らしていけるのでしょうか・・・wobbly




そういえば、今年はまだ初詣も行っていない・・・shock

| | コメント (0)

2週目最終日

今日で、入院2週目が終わります。
順調です。

先生の回診(?)(「どうですか~」っていうだけですgawk
ま、予定通りに行っているか、いないかだけで劇的な変化があるわけではないので。)でも、明日から重湯ですね。
と言ってもらい、

看護士さんにも、明日から重湯、フルカリックが2号(カロリー減good)、プレドニン(ステロイド)が40ミリグラムに軽減って言ってもらいました。

薬剤師さんにも、明日からフルカリックが2号。
口から入れる栄養に合わせて、点滴のカロリーも減らしていきますって。
来週からはお薬が1種類、朝晩の分が増えました。
ガスター?だったかな、胃炎、十二指腸潰瘍にというような説明が紙に書いてありました。
栄養士さんは、「早く食べれるようになりたい」とか「早く帰りたい」とかいう思いで、嘘をつかないで、正直にココ(お腹)のことを、お話してくださいね。
結局、長い治療になりかねませんから・・・と念を押されました。
そういえば、この薬剤師さんの顔を見るのは一週間ぶりなんだ・・・
やっぱり、早すぎる!一週間がcoldsweats02

自分のお腹の調子を伝えるのって難しいですdespair
コレかコレかコレ、どれですか?ならいいんですけれど・・・

便は、1日でほとんどでなくなりました。
下痢も下血もありません。
ただ、ここ2~3日、腸がグルグル、ゴロゴロ、ゴボゴボいい通しです。
看護士さんが言うには、点滴しか入れていないので、便はカスしか出ないはずだし、ゴロゴロいうのも当たり前なんだそうで、寛解(?)に向かっているそうです。
ほんとかな~??

ちょっと、怖くもあるけれど、
とにかく、明日から重湯!!
2週間ぶりに、口からもの(?)、いや、米のカスらしいけれど、
を入れます。

そしてプレドニンも 60→50→40に減量。
どうか、何事もなく、うまくいきますように・・・

先日、胃を2/3に切除した、同室のおばちゃん。
今日、「トオシの検査」をしにいきましたが、
そのための薬を吐いてしまったようで、
今日から、また絶食の点滴だそうですbearing(盗み聞き)

| | コメント (0)

お見舞い

今日は、4時過ぎ、上司がお見舞いに来てくれました。


お休みもとれずに忙しく働いているその合間に、
今でなきゃ、もう2度と行けないかもしれない・・・と
顔を出してくださいました。


以前から、冗談で「@さるが入院するような事があったら、絶対にお見舞いはいりません」と、息まいていた@さる。
病院にいる自分なんて、見せたくないじゃないですか。
一日中パジャマだし・・・患者だし・・・点滴つながってるし・・・

今回も、断固としてお断りをしているのですが、実際にわざわざ来てくださると、やっぱり本当に嬉しいんですよね。
ドキドキしますけれど・・・


新しい店舗の運営、
店舗の拡大による人の補充
(私が、沈没しているし)
私の仕事の穴埋め
古い店舗の片付け


「すべて、放り出したい」
と愚痴をこぼしていました。
当然です。
スミマセン

今の私がまさに、「すべて放り出している」状態です。

職場の人の顔を見ると、
いっぺんに、現実社会の自分を思い出しますね。
ここ何日か、普段は生活を別にしている両親と、病院の人と、
しかも地元の方の病院にいるので、いくら電話やメールでやりとりをいていても、気持ちはなんだかふわふわしていたのですが、
今日は、なんだか急に、ざわざわした気持ちに巻かれちゃいました。




前にも同僚にも言われたんですが、
入院している@さるには、一日一日が本当に早く過ぎていきます。
明日が終わると、2週間です。
でも、待っている上司や同僚は、「まだ、それだけ?長すぎる」と感じるようです。


1ヶ月の入院とするならば(ちょっと、怪しいcoldsweats01)、明日が終わったら、折り返しということです。
早すぎる・・・・

| | コメント (0)

新陳代謝?

2週間お風呂に入っていないことになる・・・・weep


毎日、必死で蒸したタオルでゴシゴシしているけれど・・・・



足や、腕の皮膚がうす~い、うす~い、うろこみたいsad


ちょうど、日焼けで皮がむけるのに似ているような、似ていないような・・・despair





別に、痒いとか不快とか思うこともなく、
いっそ、この成り行きを見守りたい気分。

どうせ、病院だし。
お掃除もしてもらえるし、
シーツも換えてもらえるしdespair






2週間ほったらかした、アパートのお部屋の方が気になるなぁ・・・crying

| | コメント (0)

今日の「はなまる」。
油についてやっていたなぁ。

揚げ物は、@さるの病気によくないらいし。
正確には、脂質。


お勉強だなpunch




グッドタイミングだgood

| | コメント (0)

ゴロゴロ

トイレの回数も減ったし、
お腹痛くならないし・・・

でも、今日は、めっちゃゴロゴロいう。

お茶の飲みすぎかな?

今まで、全然飲みたくも無かったのに、
最近、やたらと喉が渇くし
トイレ(小)も近い。

看護士さん、来週からの(水曜)の重湯も、
飲み物みたいなものだから・・・って言っていたけれど。

先生、食事をはじめるタイミングが重要って言っていたし・・・

ちょっとだけ、不安。
どうしようもないけれど・・・・

| | コメント (0)

イイ天気 の日曜日

今日は、とってもイイお天気。

朝から、ほとんどお部屋にいました。

結構、お部屋は快適なんです。

個人のスペースは十分に広いし、
カーテンで仕切られたお隣とのプライバシーの確保?のために
スペースが斜めにずらしてあるし、
窓は十分に広いし・・・

今日は、一日、窓を開けて、
本を読んだり、
そろそろ限界のお花をつまんでみたり・・・
ゆっくり、女子ゴルフのTV放送を見てみたり・・・・・
(ゴルフを見ても、お腹のあたりがザワザワしなくなりましたgood



こんな春の日は、
朝の清清しい時間も、
お昼まのうきうきする時間も、
夕方の肌寒い、物寂しい時間も、
とっても、ステキなのに・・・・・・








| | コメント (0)

メモ メモ

「暇なら、遊びに行ってみたら?」
と看護士さんに誘ってもらった、「患者会?」

6Fで、患者さんが集まって、お喋り会?みたいなものだから・・・
もし良かったら、呼びにきますよって。
丁度、主治医の○○先生がやってみえるから・・・



今日は、両親もお昼ちょっとすぎに、やってきたので、
時間もぴったり。
2時から、覗いてみました。
退院してからでは、わざわざ来ることが難しいかもしれないし、
声をかけてもらったし・・・
暇だし、1ヶ月に1回だっていうし・・・



楽しかったです。
あんな風に、お喋りしたのは入院して以来だし。
ちょっと緊張はしたけれど、
年齢も、まぁ、みんな似たような感じ。
(発症の多い年代なんですね)
本当に、雑談、この1ヶ月にあった事・・・・・、
コレを食べてみたんですけれど・・・・
こんな時って、どうしてますか・・・なんて、お喋り。





@さるは初めてなので、みなさんが何度も聞いているお話も、
すべて、初めてのお話。
みなさん、凄いsadです。

「入院はされたんですか?」
ってきけば、
「はい、3回」とか。
いろんな、ブログめぐりをした、いろんなパターンの様々な症状の人が
目の前に、みごとに揃っていました。

面白いです。

先生のお話も、いろんな人と喋っていると、どんどん広がって、
いつも、わかりやすいお話をする先生なんですが、
雑学も混じって、とても面白かったです。

自分が、こういう会に参加する立場になるとは夢にも思っていませんでしたけれど・・・catface
 実際、そういう集まりってちょっと、ひいちゃうしcoldsweats01・・・・・・ごめんない





《 メ モ 》

実際、申請をしている人数で考えても、
軽症から激症まであわせれば、ざっくり100人に1人くらいは、
この病気の人がいるってくらいな計算です。
発症しやすい年代が今の@さるくらいですから、
そう人の集まる、コンサート会場なんかで、調べてみたら、結構な人数になるんじゃないですか?
なんて、お話まで。


@さるの場合は、激症手前の重症。
食事のタイミングを慎重に考えてくださっているようです。



先日までの、食に対する欲求が、なぜか今日はあまりありません。
不思議なくらい。
だいたい、昨日の計測で推定9キロ体重が減っていました。
減り始める前の体重を計っていないので、どうにも推定なんですがsmile
実際、今が健康体重なわけで、この病気の人ってどうしても体重が減るんですが、
@さるくらい栄養状態も、脱水状態も、貧血状態も酷くて運ばれて、この体重ってことは、もともとを想像して、どうよって話ですよねcrying
先生がいうには、ここからステロイドを減らしていく段階で、どうにも食欲が増して、
食べたくて、食べたくて仕方ない時が来るそうです。
そこで、食べて食べて食べて、リバウンドというケースが非常に多いんだそうで。
bearing bearing bearing 乗り越えられるかしら、@さるに・・・・・・

あとは、ここで一旦、症状が治まって、この先1年。
1年以内に再燃する人が多いらしいのですが、
その再燃をいかに遅らせるかが、この先を左右するそうです。
だから、この1年の過ごし方は、大事ですよと。

それから、この超高カロリーの点滴。
炎症を抑えるためには、余分なくらいのエネルギーが必要だとか。

@さるの今の血圧は、上が90台、下が50台。
安静にしていれば、血圧は低いものなんですが、
@さるさんの場合は、そう考えないで下さい。
脱水具合が酷すぎて、血圧が低いんですって。

やっぱり、いろいろ難しいんですね。






| | コメント (0)

ビバ!入院

今日は、土曜日。
だからなのか、そうなのか??

お隣のおばあちゃんのところには、7時頃から看護士さん、回診の先生、何度も何度もやってきて、着実に本日の患者の「やるべきこと」がなされていく・・・

なのに、@さるのカーテンは一向に覗かれないし、
呼びかけもない。

仕方ない、9時まで黙って待ってみよう・・・
っていうか、点滴の交換リレーがあるんだし、必ず看護士さんは来るし・・・
それなのに、なんだか、完全に忘れられた不安な気分。

今日は、髪も洗いたいし、早く体も熱っついタオルで拭いてしまいたい・・・

やっと、看護士さんが現れたのが10時。
いつもなら、7時頃なのに・・・・weep

別に、1日、何もする事がないのが、患者。
な~んにも問題はないんですよね、実際。

いつやるんだろう?
忘れているんじゃない?
今、やっておいた方が安心じゃない?

そう思うくらいなら、自分でやった方が、100万倍気が楽!
それが、いつもの@さる。

お仕事もそう。
先を先を見て、動く。
忘れられて、頭にくる前に、さりげなく念をおす。

だから、「今日は、髪が洗いたいと思って・・・」
(この隙に)「体を拭いておきたいと思って・・・」
「大丈夫、自分でやってみます」
「タオルだけ、下さい、ゆっくり、自分でやります」

でも、今日は、まぁ、いっか・・・って、待ってみました。
言わなくても、忘れることなくタオルは持ってきてくれます(当たり前)
今日は、髪も洗ってもらっちゃいました。

実は、一度自分で洗ってすすいでいる時に、お手伝いに来てくれたのですが、
「じゃ、もう一度シャンプーしますね」って。
もう一回、してくれるんですか??
自分で一度、気の済むまで洗ってあるから、任せられたことなんですが・・・
美容師さん以外に洗ってもらう事はないので、そりゃぁ、雑っていうかちゃんと流して下さいよ・・・っていう感じなんですがbearing
別に、いっか・・・って。

今日は、リンスまでしてもらって、
顔を拭くタオルも、髪を拭くタオルも、用意しくれて、
ドライヤーもかけてもらって・・・・・

いつもは、自分でできますから・・・って言って、
コレどこへ返せばいいですか?なんて、気を使っていたつもり。
自分でやるために、看護士さんをおっかけて、
邪魔にならない程度に、気をつかって・・・

まあね、
任せちゃえば、いいんですね。
アレも、コレも、すべて・・・

1日が、まったく自分のためにある入院患者なんですから。
だって、自分のことも自分でしなくていい入院患者なんですから。


毎日、お掃除してもらって、
すみずみまで、拭き掃除に消毒。
ゴミも集めてもらって、
シーツも換えてもらって、
お洗濯ものも、親に持って帰ってもらって・・・

自分のためだけに使える時間がもったいなくて。
本を読む。
TVを見る。
お勉強する??
ぼぉっとする。
メールする。
寝る。

もっと、もっと苦痛だと思っていた入院生活。
強い薬のおかげではあるけれど、
体の苦痛は全くないし。

なんだか、一日一日、ぼぉっとする時間まで含めてしたいことがいっぱいすぎるshine
一日が、あっという間に過ぎる。
1週間が、10日が、あっという間に過ぎすぎるtyphoon

こんな、風に思っているうちはまだ、
「入院患者、入門」レベルなのかなぁcoldsweats01

| | コメント (0)

朝のお仕事

大体 7時頃起きて、8時頃までうにゃうにゃ。
8時頃から歯磨き(食べていないのに)、洗顔。

おかんの買ってきた間に合わせではあるけれど、洗顔料をよ~く泡立てて、鏡をみながら洗顔。
鏡を見ながら洗顔って、普段しはしていない。
シャワーを浴びるついでに顔を洗う。
まぁ、時間があるし・・・

そして、朝のお仕事。
1日分のお薬を3回分。
袋から出して、はさみでチョキチョキ。

お隣のベッドのおばあちゃんは、耳がかなり遠いようなんですが、いっつも寝てる。
結構、響くんです。
お薬を袋から出すガサガサ。

朝、コレをしておくと、なんだか安心な@さるです。
飲み忘れもないし・・・
(実際、1週間が終わったところで、お薬が余っていたんですよねcoldsweats01

| | コメント (0)

そういうこと

この資料室で、最初にお話をしたおじさま。

今日が退院。

一番たくさん話したかな。

内視鏡検査で画面を見ながら
「癌がありますね~」って言われちゃったそうです。

手術をされたそうですが、退院後は特に治療をするわけでもなく、
定期的に検診をするだけだそうです。
ちなみに、今回も検診でひっかかって、自覚症状は皆無だったそう・・・

「オレは、癌だったけれど、死ななかったからラッキー」
「あなたは、時間はかかるかもしれないけれど、癌じゃないんだからラッキー」

「病気ってそういうことだよな・・・」って。

| | コメント (0)

ありがとう

入院10日め 

入院したての頃は

「すみません」
「ごめんね」

そればっかりだった。

今朝、気がついた。

今は

「ありがとう」ばっかりだ。

何度も点滴を変えに、追いかけてくる看護士さんに。
お部屋をお掃除してくれるおばさんに。
毎日、顔を見にくる両親に。
エレベーターで気を使ってくれる知らない人に・・・
仕事の事で、連絡をとってくる上司に。
心配でメールをくれる友達に、同僚に。

今のうちに、体にいっぱいためておこう。

「ありがとう」

| | コメント (0)

いよいよ3号

木曜日は、ルート(?)交換の日らしい。
鎖骨のところから出ている点滴の管を、換えたのかなぁ??

今まで、4つ分岐点があった、点滴。
本日より三叉に昇格。

今朝の回診。

本日より「フルカリック」が2号から3号へ。

(私、勘違いしていたけれど、2号は800キロカロリーちょっとだったんですよね)

これこそが、1パック1160キロカロリー
そして、24時間で、2パック。
1日3320キロカロリーなり・・・coldsweats02

先生曰く、(今までのものは)「ダイエットには良かったんですけれどね~」って。
いきなり、この3号を入れると、高血糖で糖尿病になってしまうので、順番に1号から順調に移行してきたとか・・・

高血糖、糖尿病になるくらいの、高カロリーを静脈からいれるって・・・・
別の次元で恐ろしいっすcrying

来週からは、重湯ですけれど、食べるるので、それにあわせてカロリー調節をして、また換えていきますとのこと。


入院前って、一日500キロカロリーとか摂れていなかったんだよな~(しつこい!!)

| | コメント (0)

むむっっ

血圧は90台に50台。

先日、胃が1/3になった隣のおばあちゃんに負けてる(><;)

| | コメント (0)

あげないし

夜中の見回りで看護士さんが、蚊を発見。
2匹。


流石に@さるの血はいらないらしい


朝まで無事

| | コメント (0)

症状は、どきどき、ふわっ

いつもなら朝9時前の回診。
本日は、16時すぎに、担当のせんせいがみえました。

調子はイイけれど、時々、「ふわっ」ってするのは、ステロイドですよ?
と言ってみたところ、

「貧血ですね、ひどい貧血ですから」と。

@さる、余程蓄えがあったのか、体力が有り余っていたのか、
入院前から「酷い酷い、気をつけてください」と言われていた貧血の自覚症状が無かったんですよね。

先生いわく、
「脱水が酷い状態だったので、見せ掛け、血の濃度が高かったのが、
脱水が解消されたので、その分きちんと血が薄くなっているんです。」
「動きまわると、ふわっとしたり、ドキドキしたりすると思います」と。

先生の説明は、いつも簡潔でわかりやすいくて関心する。
別に、良いお話でもないけれど、なんだかホッとできる。

そして、そして・・・

「来週くらいから、重湯いけますから・・・」

「@さるさんの場合は、3分より・・・もうちょっと・・・の方がいいと思いますが・・・」

ですって!!!!

@さる、一ヶ月くらいは、覚悟していましたよcrying

と言っても、一週間先の話・・・・catface

先生、発表が早すぎでは・・・・sad

| | コメント (0)

禁断の

禁断の
とうとう買っちゃいました。


明日は、みんなゴルフの日だし(T_T)


でも、まだ「実践」系を避けて
「読みモノ」系で・・・


勝手に
「脳内素振り」でも始まっちゃって
勝手に
腸が反応しちゃったら困るので(*_*)

後ろは実家の庭のお花。

| | コメント (0)

お茶の時間

お茶の時間
あんまり、お部屋にいないと、
(どうせお部屋にいないしって)
4人部屋とかに移されても嫌なんで・・

結構、お部屋も快適なんです。

お部屋で、お茶のお時間。
お花をみながら・・
本でも読みながら・・

さっき、ソファーでお見舞の時間待ちの人が、3人で「モス」頬張ってた。

苦痛かというと・・

匂いだけでも、シアワセなんだな~


飲んだそばから、
急須が、
湯呑みが、
洗いモノが気になる。

時間はたっぷりあるのに・・
ココだな。


豊かなゆとりの生活を阻むのは・・・

| | コメント (0)

今日で1週間

ココに来て、1週間です。
薬剤師の方が、1週間ぶりに今週のお薬を持ってきて、しみじみ実感weep

『フルカリック2号』が静脈から入っているのを見て、
「長くなりそうですね」って。
思えば、1週間前に始めてお会いした時も、優しく温かいお話をしてくださいました。

『フルカリック』しかも、静脈から入れているということは、
最低でも2週間、または月単位の時間がかかるらしいです。
高濃度の点滴は腕などからでは2週間くらいが限界なんだそうで。
「仕方ないですね~」と言うしかありませんgawk

それでも、2週目に入って、「プレドニン」が60ミリ→50ミリ。
調子がイイとかでなくて(悪くないですが)、計画通り。
このまま、順調に調子も悪くならないまま、減らしていけるといいな・・・・

出血は治まっているし、
腹痛も、便意(?)が来る時だけ。
ま、それも、これも、プレドニン(ステロイド)を入れているからなんでしょうけれど・・・
それでも、出血しないのは、@さるにとっては、何ヶ月ぶり?という、変化shine

いろんな、方のブログを見ていると、
この異常な食べものに対する欲求、
コレもステロイドの仕業の疑い・・・
幸い、絶食なので、食べ物に手がでないし、
実際は、食べ物(本物)を前にしたら、きっと食べる気はしないのだろうけれど・・・・

丁度、いいので、このムダに、ありあまる「食」に対する欲求と情熱を、
食生活見直しにぶつけるpunchべきだなぁ。

| | コメント (0)

お薬のせいだって分かっているんですが・・・

「顔色が悪い」
。「唇が真っ白」
と言われ続けた@さる。

唇の色って人様々ですよね。
そのせいで、人によって、口紅の実際の発色が違ったりするし・・

でも、さっき歯を磨きながら鏡を見て発見。

唇、ピンク!!


何か嬉しい・・

いや、強い薬のせいだって分かってますけど・・・

| | コメント (0)

不良患者?

夜は、21時が消灯。

そこからは、どこにも出られず、ベッドの上。

なんで、@さる、お昼間はほとんどお部屋にいません。

最近、点滴をつったバーを、投げて走らせて(コロがついていますから)、自分が歩いてついていくという、業を使う@さるです。

せいぜい、病室の3F。
図書室とPCのある資料室の2F。
窓の大きいデイルームのある4F。

それが、@さるの行動範囲なのですが、
なんせ、担当は3Fの看護士さん。

今日はとうとう
「逃げ出したのかと思いましたよ」といわれました。

「点滴なんて、いいんですけれど、全く姿が見えなかったから・・・」って。

早くも、扱いにくい患者???bearing

ちなみに、PCで、おいしそうな、食べ物の映像ばっかり何時間も眺めていた@さる。
しょうがないじゃないですよねぇpout

| | コメント (0)

ちょっとブルー

7時過ぎ   血液検査
8時過ぎ   体拭きの蒸しタオル
9時前    先生の回診

ここから、点滴リレー。
        抗生剤 ステロイド 血剤 フルカリック
      後は、午後からもう1本 抗生剤と、夜にフルカリック。

なので、病室を脱出。

ず~っと、ネットで、この病気の人のブログを眺める。
大腸をとってしまう人もいる。
良い時期と悪い時期を、うまく調整しながら生活している人もいる。

@さる、「全腸」「重症」だったよな~

ちょっとブルー。

| | コメント (0)

シャバの話はいいな~

2人部屋の@さる。

昨日は、午後から隣のおばあちゃんが手術。

不謹慎なお話ですが・・・・

午後から、明日の朝までは、happy01完全個室happy01

いつもどおり、21時に消灯に来た看護士さんも、
「今日は、夜更かしOKです」ってgood

久々に、お友達と長電話しました~heart04
いろいろ、いろいろ、いろいろ・・・

途中、点滴の様子を見に来た看護士さんも
「今日だけですよ、内緒ですよ」って。

お昼間は同僚とお喋り。
夜は、お友達とお喋り。

久々に、シャバの世界に浸ったような気分。
ストレスもぱぁっと・・・

って、ストレスって何???catface

| | コメント (0)

よして下さい

よして下さい
同僚がお見舞に来てくれました。


「小説は厳しいと思って・・


遊ぶ系の本と
レベルの高いパズル。
(こういう本て結構高いんだよねぇ)


「死なないんですよね、死なないで下さい」

って死にませんから・・・

よして下さいよ・・

| | コメント (0)

まだまだですか

昨日の朝の激腹痛。
看護師さんと、何だったんでしょうね~と話していて、思い当たることが・・・

昨日、何週間かぶりかに、
「お腹が空いたなぁ・・・」って、思ったんですよね。
(ちょっと感動しましたよ)
そうしたら、胃が久々に、きゅうぅうってなったんです。

「あ~、じゃ、お腹がモノを入れる準備をしちゃったんですかね~」
「でも、まだ、無理だよ・・・と拒否された、と」

看護師さんと、ちょっと笑っちゃいました。

体って凄い。

あんなに、好きだったゴルフの雑誌も、目にすると、体を動かすことを体が勝手に思い出すのか、頭が先に反応しちゃうのか、気持ち悪くなったりしちゃうんです。

今朝の担当の先生の回診(?)
  (ほんと、毎朝一人でふらっときて、ちょろちょろっと確認するだけなんです)

「まだまだっていう感じですね」
「でも、反応は(多分薬に対して)、いいですよ」
  と軽くフォローを入れられちゃいました。

まだまだですか・・・・・bearing

| | コメント (0)

涙でました

涙でました
今朝は激痛で・・
涙、出ました。

筋肉注射、時間差で点滴、Wの痛み止めで、看護士さんもびっくりの「いつもの@さるさん」に復活。


今日は弟夫婦が来てくれて、両親では戸惑う用事を幾つか、お願い。
普段の生活圏が違うから、色々回ってもらうにも、地理が大変(すまぬ)

お見舞いに、お花と姪っ子からのお手紙。

嬉しいなぁ。


文庫もたくさん持ってきてくれた。
まったく本なんて読まない子だったのになぁ。

| | コメント (0)

顛末

3/2のお仕事中、よれよれになりながら、点滴をうってもらいに、いつもの病院に行った@さる。 

歩いて行ったのに、どうにも動けなくなりまして・・・

とにかく、息苦しいほど胸が痛くて・・・

昨日より詳細な心電図を撮るも異常なし(ひどい貧血状態では狭心症というのがありえるそうです)。

胸というのは、胃からくるのでは・・・ということで、丁度食べれていないし胃カメラを・・・

結果、胃は胃で、ストレス性の胃炎。

朦朧とするくらいの強い痛み止めを打ってもらっても、震えるくらい痛い。痛い。

頑なに入院を拒否していた@さるですが、「夜中に救急車を手配することになるよりは・・・というよりは、帰れないでしょう」と。

観念して、震える声で会社と、のっぴきならない用事で職場を離れている上司と、必死で隠してきた親に電話。

そしてとうとう、救急車で搬送となりました。

それが、確か20時。

もう、そこからは痛い痛い、痛い痛いと、呼吸をしていました。

痛すぎてのた打ち回るとか、縮こまるとか、そんな事もできず、ゆ~っくりのストレッチャーが風(というより空気)を切るのも、苦痛でした。

そして、当直のお医者さんと看護士さんと途中やってきた両親と、外科の先生がくるまで約2時間。CTを撮るにも手が上げられない。移動も死にそう。

熱は39度を超え、腹膜炎をおこしているらしいのですが、結局何もしてくれないんです。

外科の先生が到着をして、でも専門ではないので、結局また、強力な痛み止めを打ってもらって、個室へ移動。

何もできないようではあるけれど、何度も何度も様子を見に来てくれて、とても感じのいいなんだか安心感のある(?)先生でした。

翌朝到着の内科の先生と相談をして、結局、専門の病院に救急車で再び移動。その時点では、腸がぱちんといっちゃう事が心配だったらしく(あくまで専門でないので)、先生が同乗するとかしないとか・・・結局看護士さんが同乗して、またまた苦しみながらの移動でした。

今年は「応援リレーならぬ、先生リレーです」

この病院、実は父が同じ病気でかかっている病院なんです。

父にしてみれば、この病気で入院?とびっくりはしていましたが、とても信頼している先生がいるので、かえって安心をしているようでした。

午後からは、痛さでどうにも震える体を、車イスで運ばれ、造影剤を入れながらのCT。

腸のココしっかり腫れてるし、順番に・・ココも、ココまで来ても・・・輪切りの写真で確認。

内視鏡も途中までしか入れていないけれど、CTでは腸の構造上、最初の部分と最後の部分がちゃんと映るので、結局全腸がやられていることが判明しました。

1ヶ月前には出口付近だけの炎症だったのが、今回の検査では、全腸が炎症しているということで、「重症」なんだそうです。

急性ということは、慢性ではないということで、最初から強い薬をば~んと入れて、おそらく効きも早いはずだと、涙のステロイド治療。

中途半端に入れて、結果だらだら量が増えるよりは・・・ということだそうです。

わらわらと、まとまりなく、記憶にあるだけ、自分でも覚えていたいので、書き出してみました。

excitの方は、会社のPCも何もかもそのままで、入院になってしまって、見られてしまうかなって不安になって、とりあえず、すべて非公開にしました。

大切な思い出があるので、しばらくは隠しておきますが、ほとぼりが冷めたらまた戻るつもりです。

| | コメント (0)

かぶく

お友達がお見舞に来てくれました。

手土産は漫画。
「少年漫画で斬ったり死んだりが少ないのにしておいた」って。

「かぶく」

面白かった~。
寝るのも忘れて一気読み。

そして、まだ続くんだな~コレ。
続き、早く出ないかなぁ。


おとんが、午後にはスポーツ新聞(もちろん中日スポーツ)を届けてくれるので、ガッツリ読む。
おとんも、その為に午前中に一生懸命読んでいるらしい。
(ありがとう、おとん)


考えてみると、友達、身内で入院を経験していないのって@さるだけなんだなぁ。

流石、みなさん、心得ている。

今までの私のお見舞って、気取ってたなぁ。

私も、ここで、入院&お見舞マスターになれるかなぁ。


まぁ、まずは、模範患者で、早いとこ出所することだなぁ。


| | コメント (0)

驚いた

「超高カロリー栄養剤」
大体A4判の点滴。
1日に
「1袋1000キロカロリー×2袋=2000キロカロリー」

入れている事が 只今、判明。

しかも吸収しやすいようにとわざわざ鎖骨付近から・・

入院する前は、1日せいぜい300から500キロカロリー、口から入れて、結局吸収していなかったんだから・・

何だか恐ろしい予感が・・

あぁこれも1つのストレスか・・・

| | コメント (0)

私の体は点滴でつくられている

私の体は点滴でつくられている
写真は、超高カロリー栄養剤とステロイド。
多い時は順番待ちも含めて大小4つぶら下がったり・・

血剤、それに水分、抗生物質。
1日中、代わる代わる点滴漬け虛

昨日、鎖骨の下に管を通してソコからじゃんじゃん落としてます。

貧血、脱水、超栄養不足、そして痛み、炎症。

60ミリのステロイド(涙)

一昨日、痛みに唸りながら撮ったCT、内視鏡で、1月終わりの検査では、ほんの入り口だけだった炎症が大腸全体になっている事が判明。
なんじゃそりゃ虛

| | コメント (0)

しばらくこちらから・・・

職場からの直接の入院だったので、PCもそのまま・・・bearing

この入院の1ヶ月の間は、またこちらに記録をしようかと思います。

どれだけできるかわかりませんが・・・・

不慣れだし・・・・

| | コメント (0)

« 2007年6月 | トップページ